【英雄性能解説】ジェーン(ナイト・魔法)

今回は、魔法パーティにおける代表的なタンク役であるジェーンの性能紹介です。

ジェーンのスキル性能や、他の魔法ナイトとの比較も書いてみたいと思います。


※画像はアイドル衣装(TwinklePure)。勝利ポーズが衣装の専用ポーズに変わります。

【ジェーンの強み】

◎戦闘開始後の比較的速い段階で被魔法ダメージUP(25%×2)、魔法防御ダウン(5%×10スタック)を付与することができる
(特に日々繰り返し周回するコンテンツにおいて魔法パーティのタンクはジェーンが最適といっても過言ではない)
◎前述のスキルは攻撃範囲が広く、特にスキル2・3は全体対象となっている。これによりデバフも全体に付与することができる。
(他のナイトは、AMPの全体付与ができなかったり常時維持が難しかったりする)
◎消費MPも軽く、スキルCTも短いためオートでも機能しやすい
◎スキルにかなり高倍率のHP吸収が付いており、味方からの回復が乏しくともある程度耐久が可能(吸血とは別枠のため、吸血無効でも回復する)
◎1回だけなら死んでも復活可能なので事故に強い(高難易度では地味に大きな強みです)
◎少なくともPvEでのタンク運用にTPは不要、宝物(S3)0凸で本領発揮が可能となっており非常に高コスパ
(初心者なら超越3を目指せば概ねの性能は発揮できる)

注意:wikiで「魔法Amp70%」と書いているところがあるのですが50%の間違いです。おそらく熟練者の20%を足して70%と書いているのですが、熟練者は別枠のようです。

【ジェーンの弱み】

☓ 味方への防御バフ付与はできない(ただし敵の攻撃力ダウン効果が専用武器にあり)
☓ 敵のバフ解除や味方のデバフ解除などの対応はできない
☓ バフ無効ステージではスキルでの自己回復ができない

スキル1:葬礼儀式

範囲内の敵に ダメージを与え、 3秒間、気絶状態にさせます。(スキル書Ⅳ特性で+2秒なので、実質5秒間)
Mana Cost: 2マス Cooldown: 8秒

S1光:10秒間、対象の被魔法ダメージを25%増加させます。
S1闇:MP消費量が1増加し、100%の確率で対象を自分の周りまで引き寄せます。
S1宝:葬礼用の人形[葬礼儀式]10秒間、対象の状態異常耐性が250、魔法ガード率が200減少します。

ジェーンの3超越特性の中で、PvEで必須枠になるのがS1光です。
CT8秒に対して10秒継続するので、実質常時維持することができます。
この超越と「熟練者」さえ取れていれば魔法AMPとしてのジェーンは完成です。

S1宝物はPVPでは使えなくもない効果になっていますが実際に使っているプレイヤーはなかなかお目にかかれません。
PvEでは基本的に使う場面はあまりないでしょう。

スキル2:死の印

敵全体に 30 秒間印をつけ、 ??? の魔法持続ダメージを与えます。印がつけられた敵は、被魔法ダメージ量が25%増加します。
Mana Cost: 1マス/Cooldown: 6秒

スキル1は超越特性で取らなければ魔法ダメージUPを付与できませんでしたが、こちらのスキルは元々スキル本体に被魔法ダメージ量増加が付いています。

S2光:持続時間が10秒に減少し、ダメージ量が250%増加します。
S2闇:デバフ解除スキルなどで解除されません。
S2宝:死の宿る枕 [死の印] 印をつけられた敵が倒れると、20秒間自分の攻撃力が5%、クリティカルダメージ量が10%増加します。この効果は、最大8スタックまで重複されます。

S2光は、ジェーンを火力運用させたい場合に取得する可能性がありますが、普通にタンク運用する限り出番はありません。
(追記:S2光で被魔法ダメージ250%UPになると勘違いされる事があるようですが、ジェーンのこのスキルのダメージ量が増えるだけですね。)

敵が次々湧いてくるステージであればS2宝の採用も考えられますがやはり滅多に使うことはないでしょう。

S2闇はどちらかといえばPVP向けとなります。PvEではそこまで頻繁にデバフ解除してくる敵はおらず、このスキル自体のCTが短いためほぼ出番はありません。

スキル3:破滅の日

敵全体に 15 秒間、1秒ごとに魔法ダメージを与えます。また、ダメージ量の100%のHPを回復し、すべての状態異常を無効化します。印がつけられた場合、ダメージ量が増加します。
Mana Cost:3マス Cooldown: 12秒

「敵全体攻撃」かつ「ダメージ量の100%のHPを回復」なので、タンク運用していても敵がそこそこ多ければ目視できる程度に自身のHPを回復してくれます。
S2からS3につなげるのがオススメです。

S3光:ダメージ量が40%増加します。
S3闇:10%の確率で、1秒間気絶します。
S3宝:失われた公国の花 [破滅の日] ダメージ量が20%増加し、ダメージを与えるたびに5秒間、魔法防御力を5%減少させます。この効果は、最大10スタックまで重複されます。

S3宝が必須装備です。5%×10スタックで50%の魔法防御ダウンです。

5秒間と書かれていますが、5秒経過前に新しいスタックが重複した場合はそれまでに付いたスタックもそこから5秒維持されます。
そしてこのスキルのCTが12秒、効果は15秒間なので基本的には常に10スタック維持することが可能です。

新しく登場した敵の魔法防御力を50%ダウンさせるには最低10秒かかるという事になるので、その点は注意が必要です。
スキル3を使用した瞬間に魔法防御が50%ダウンになるわけではありません。
狙ったタイミングですばやく敵の防御力を下げるという点ではアセリカに分があると考えられます。

アセリカのS3は固定値の魔法防御ダウン、ジェーンのS3宝は割合(%)の魔法防御ダウンであるという違いもあります。
敵の防御力が高い場合はジェーンの防御力ダウンの方が大きく影響し、敵の防御力がそこまで高くない場合はアセリカの防御力ダウンの方が大きく影響する事になります。

またアセリカのS3は効果時間よりCTの方が長いため常時維持できません。
場面によって使い分けていくのがオススメとなります。

スキル4:安らぎの時

死に至るダメージを受けた場合、 5秒間、棺に入って ??? +最大HPの6%ほどのHPを回復します。棺の中にいる間、すべてのダメージが無効化されます。

S4光:棺の中にいる間、周りの敵に、毎秒最大HPの5%の魔法ダメージを与えます。
S4闇:効果発動時、2秒間、敵全体を気絶させます。
S4宝:友だち第1号の人形[安らぎの時]発動すると味方全体のデバフを解除し、10秒間、自分のすべての被ダメージが10%減少します。

S4闇を活用し、ワザと一度死んで敵全体を気絶させるという「爆弾ジェーン」運用がPVPでは存在します。
PvEではあまり使用しない超越となります。
S4宝も、普通はS3宝が採用される都合上PvEで使われることはありません。

【ポイント:防御力50%ダウンの恩恵は?】

一例ですが、防御貫通0で計算した場合、
防御力10万の敵が50%ダウンで5万になると、ダメージ量は約1.65倍となります。
防御力5万の敵が50%ダウンで2.5万になると、ダメージ量は約1.53倍となります。

基本的には敵の防御力が高ければ高いほど恩恵は大きくなります。

実際には防御貫通の数値を入れた上で計算するべきなので、
防御貫通ダメージ計算機
で計算することをオススメします。

【その他の魔法タンクとの比較】

アセリカのS3との比較については前述しましたが、魔法ダメージUP役として他の魔法タンクとも比較してみたいと思います。

ジェーン VS ソニア

まずソニアはPvEで運用するならS4宝がオススメとなります。
S3宝に微量ながら防御ダウン効果がついていますが、そちらを採用するケースは少ないため魔法防御ダウンにはあまり期待できない事になります。
(そもそもソニアS3宝の防御ダウンの発動条件が複雑であり常時維持は不可能です。)

基本的に防御ダウンが有効な敵相手なら、S3宝ジェーンの方が火力が出るということになります。

S4宝ソニアは最大で100%以上の魔法ダメージUPを敵に付与することが可能であり、この数値はジェーンを大きく上回っています。
ただし常に100%以上を維持できるわけでなく、持続時間はソニアの専用武器凸状況に依存し、効果が切れた後の再装填速度はソニア自身の攻撃速度や操作タイミングに左右されます。

対してジェーンはほぼ常時(合計)50%の魔法ダメージUPを維持できるため、「安定した50%AMP」と「常時維持ではない100%以上のAMP」との比較になります。

CC性能に関してはソニアの方が高く、「電気衝撃状態」にすることで他の味方のCCスキルの効果も高まります。

ジェーン VS モーラ

モーラは魔法防御ダウンと魔法ダメージAMPを併せ持つナイトです。

モーラのポイントとしては「火炎」スタックを貯める事が条件になっているという事です。
スタックが貯まるのにある程度時間がかかるため、即効性ではジェーンに軍配が上がります。

またモーラの専用武器は「通常攻撃」がトリガーになっており、基本的には敵1体のみに効果が発生します。
モーラS4闇の被魔法ダメージ40%UPは「火炎」スタックのみが発動条件になっているため複数敵に対しても有効ですが、距離が離れすぎているとそもそも火炎スタックが十分に付与できません。

このことから、「複数の敵全体へのダメージUP」を重視するならばモーラよりもジェーンが適性があると考えられます。
逆に敵1体に対する魔法AMPとして見るのであれば、武器凸したモーラに軍配が上がることになるでしょう。

ジェーン VS ネラクシス

ネラクシスの弱みは明確で、火力UP性能で見るとジェーンに劣るということです。

S2に攻撃力バフを持っていますが微量であり、魔法AMP、魔法防御ダウン性能はいずれもジェーンより低めの設定になっています。
S1は超越で25%AMPですが全体対象ではなく、AMP倍率・範囲ともにジェーンより大幅に落ちます。
魔法防御力ダウンも20%〜30%(対象周囲)であり、ジェーンの全体5%×10スタックには及びません。

一方で攻撃力ダウンに加えて防御バフ(固定値)を味方に配れる点はネラクシスの強みであり、味方の耐久力が足りない場面で事故を防ぎながら戦えるのは強みと言えます。
専用宝物次第で敵のバフ解除をしたり、強めのCCを出せることも大きな強みです。
基本的には使い分け推奨となります。

【余談】火力ジェーンはアリかナシか

「タンクなのに火力が出る」という部分に浪漫を感じて、他のタンクに比べてジェーンを火力運用しようとするプレイヤーは多いようです。

S1〜S3まで全てがダメージ発生スキルであり、効果範囲も広いということでダメージを稼ぎやすい性能であることは事実なのですし、実際武器凸・宝凸してDPSを伸ばしているプレイヤーもいるのは事実です。

とはいえ、ジェーンをアタッカーとしてビルドするのであれば結局別にタンクを編成する必要が出る事も多く、結局のところ「タンクなのに火力が出る」ではなく「DDの枠にジェーンを使う」という形になってしまう事が多いと思われます。

「耐久が足りているならタンクでもダメージを稼ぎたい」という考え方は確かにあるのですが、基本的に格下相手の考え方であり、高難易度になるに連れて通用しなくなるでしょう。
WBなどにしても、昔に比べてボスの攻撃が強く変更されているためタンク、あるいはサブタンクも含めて高い耐久が求められるようになってきています。

純DDとしてジェーンを評価する場合、
・スキル書の特性などがダメージ増加に特化していない
・そもそもナイトなので素のステータスがDD向きではない
・専用武器の追加魔法ダメージも決して高い倍率ではない
・S1〜S3は全てダメージ発生スキルだが、S4は自己生存用であり火力貢献する要素がない

という事から、当たり前ですが元々DDとして設計されているキャラに比べれば限界があるようです。
中途半端にやっても恩恵は薄く、かといって突き詰めてやるならその労力で他のDDをしっかり完成させる方が総ダメージは伸びるということになり、基本的には趣味の領域だと言えます。(でもその趣味で凄まじいダメージを出している方はすごいと思います。)

攻略の効率を重視するのであれば基本的にはオススメされません。

【ジェーンのオススメ装備セット】

・味方の火力支援がしたい→魔王軍装備

・PvEでとにかくジェーン本人の耐久力を上げたい→カオスビースト装備

・とりあえず普通にタンクとして使いたい→黒ドラ、青ドラ装備など

・趣味と言われても火力ジェーンしたい→カオスビースト装備

【オナーリーグ衣装】

スキル解説の動画GIFはオナーリーグ衣装の紹介ページから拝借しています。

新着記事

【挑戦の塔】78階(ミリアンヌ軍団)攻略メモ(防御調整パターン)

挑戦の塔 78階のミリアンヌ軍団の攻略方法です。 【防御力調整が鍵】 普段のミリ ...

【挑戦の塔】80階 ルシキエル攻略のポイント(暫定版)

【ギミック】 ルシキエルは戦闘開始時点で4つのクリスタルとともに登場し、これが場 ...

【挑戦の塔】76階(クロウ/ミトラ/パンシローネ)攻略メモ(CCハメパターン)

80階まで開放された挑戦の塔、早速76階に挑戦してきました。 まず失敗パターン( ...

【英雄性能解説】カーセル(物理・ウォリアー)

主人公であり、全プレイヤーが所持している物理属性ウォリアーの英雄です。専用武器「 ...

【遺物性能評価】幻のペンデュラム

「戦闘が開始」というのは、基本的にWaveスタート時という認識でOKです。 です ...

ハヌス(物理・メカニック)の入手方法・解説(8月6日に実装)

本日のGMノートにて、NPCとしてハヌス(物理・メカニック)の実装されました。 ...

【英雄性能評価】キルツェ(魔法・ウォリアー)解説

魔法属性のウォリアーとして実装された「キルツェ」の解説記事です。 (キルチェでは ...

【チャレンジレイド】カラックス攻略(ボスのスキル動画あり)

「邪竜」として新たに実装されたチャレンジレイドボス「カラックス」のスキル解説記事 ...

【活動スコア】ギルドレイド、ギルドバフに必要なスコアの稼ぎ方とスタミナ消費量目安

「ギルドレイドを週に何周しているか」を基準としてギルドを探し、選ばれる方も多いと ...

【防御貫通ダメージ計算機】使用方法解説(+参考:敵の防御力計測方法)

「防御貫通ダメージ計算機」の使用方法についての解説記事です。 【本ツールの立ち位 ...